インフルエンザの重症化率

インフルエンザとはウイルスに感染することを原因として発症する諸症状のことです。
感染経路としては飛沫感染、空気感染、接触感染が挙げられます。
これは、感染力の強さにこそ差はありますが、季節性のものでも新型と呼ばれるものでも同様です。
感染して発現する諸症状としては、急な高熱、具体的には38度以上の発熱やそれに伴う強い倦怠感や全身悪寒、強い頭痛や下痢、吐き気やおう吐などが挙げられます。
ただしインフルエンザウイルスに感染したからと言って、すべての人に症状が出てくるわけではありません。
体力があり免疫力の高い人でしたら、ウイルスに感染したけれど症状は出なかったと言うことも珍しくはありません。
インフルエンザの諸症状は、それほど恐ろしいものではありません。
1週間程度、安静にしていればほとんどの人は完治します。
ただしごくまれに、それらの諸症状が引き金となって別の重篤な疾患が引き起こされる場合もあり、これがインフルエンザの重症化です。
このケースによって引き起こされる疾患としては、肺炎や脳症を挙げることができます。
インフルエンザの重症化は誰にでも起こりうることではあります。
しかし実際には、先述した通り、体力や免疫力がある程度、ある人であれば、重症化する前にインフルエンザの諸症状は収束していくのが普通です。
だからこそインフルエンザの重症化率は、特に小児と高齢者においては高い傾向にあります。
もう少し具体的に言うと、10歳以下の小児と60歳以上の高齢者と言うことができます。
これはやはり小児と高齢者は、体力、免疫力ともに低下していることも多いためです。
特に小児においては脳炎が、そして高齢者においては肺炎が、合併症として引き起こされやすいです。
合併症を防ぐためには、インフルエンザそのものにかかることを予防する、またはその重症化を防ぐための予防接種を受けておくことなどが求められます。

季節性インフルエンザと新型について

インフルエンザでよく知られる型はA、B、C型などと呼ばれる毎年流行る季節性のインフルエンザと、新しく発生した新型インフルエンザという型があります。
季節性インフルエンザは、毎年冬になると流行の兆しを見せます。
その症状は38℃以上の発熱、関節痛、頭痛などで、一般的によくみられるインフルエンザ症状です。
この季節性のものは時には、重症化して脳炎や肺炎を起こすほどのものもあります。
特に免疫力の弱い子供や老人が感染すると重症化することもあるので注意が必要です。
そのために、冬の流行シーズンが来る前に、予防注射を受ける人が増えています。
この予防注射を受けておくと、とても効果があり、もし感染をしたとしても、その症状を軽く抑えることが出来るのです。
一方で新しく発生したインフルエンザもありますね。
これは新しいものなので、免疫を持っている人がおらず、一旦発生をしてしまうと、各地で爆発的に流行をしてしまうという可能性のあるものです。
免疫を持っていないということは誰が感染をしても重症化することもあり、時には命に危険が及ぶ場合もあるのです。
そのために、インフルエンザが流行し始めると、その方が何であるかを分析することが大切なのです。
症状は季節性のものとほぼ同様で、発熱や関節痛、頭痛などが見られます。
詳しいインフルエンザの方というのは、専門のところでないと分析はできません。
しかし新型が一旦発見されると、大きなニュースになり、その予防に注意を呼びかける喚起が増えてきます。
時期的に冬は注意をしなくてはいけませんが、発熱などがあれば、すぐに病院に行って診断を受けること、そして感染を広げないようにすることが大切なことです。

インフルエンザの解熱にはイブプロフェン系の薬

インフルエンザに感染すると初期症状として発熱が現れます。
この発熱は、悪寒を伴い、気分不良、関節痛、悪寒が現れたなと思ったら、熱が一気に、38℃を超えることもあります。
そして関節痛や発熱をきっかけに病院を訪れ、検査をしてインフルエンザということが分かるのです。
主な治療法には、抗インフルエンザウィルス薬の処方と内服を行い、インフルエンザの症状の改善を行います。
また発熱があるとつらいですよね。子供も大人も発熱があると、全身倦怠感が強くあまり活発に動くことが出来ません。
また発熱により、食欲が低下して脱水になってしまうこともあります。
そのために、発熱に対して解熱剤が処方されることも多いです。
解熱剤といえばいろいろな種類があるのですが、インフルエンザに対してはアセトアミノフェンとイブプロフェン系の薬を出されることが一般的です。
アセトアミノフェン系といえば、カロナール、またアンヒバなどの薬がありますまたイブプロフェンは、ブルフェン、ユニプロンがありますね。
インフルエンザにかかると、第二次障害としてインフルエンザ脳症を発症することもあると言います。
このアミノフェンとイブプロフェン以外の薬はこのインフルエンザ脳症を起こす可能性が高いと言われています。
そのためにこの2つが推奨されているのです。
病院で処方をされる際には、熱が何度を超えたら内服をすることとか、一日何時間を開けて何回まで服用することなど細かく指導をされることでしょう。
その指導と処方内容を守って内服することが大切です。
特に小児の場合は、体の辛さを子駑馬で表現することが出来ないので、発熱の度合いで判断して規定量いないで内服をすることが大切です。